忍者ブログ
sitomaru
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

エドガーの双子の弟。本名はマシアス。自由を求めて城を飛び出した後、格闘家ダンカンのもとで修行を積みモンクとなる。師ダンカンが人生の師でもあったためか、ダンカンに似て豪快な性格。 オリジナルコマンド「ひっさつわざ(必殺技)」で、十字キーとボタンの組み合わせによる特定のコマンドを入力することで技を繰り出せる。ティナには初対面で「大きな熊」と言われていたが、フィガロ城の大神官によると国を出たときはエドガーより小柄で大人しい性格だったという。 物語序盤で必ず仲間になり、パーティの分割など以外では離脱することは無いが、物語後半では無視して先に進むことで仲間にしないままエンディングを迎えることも可能。 北米版では名前が「Sabin(セイビン)」に変更されている。 兄のエドガー同様、『ゼノギアス』に登場したキャラクター「レネ・ファティマ」のモデルでもある(ロニとレネも双子)。なお、ファティマ関連の設定を考えたのは、フィガロ兄弟の設定をした田中香である。
PR
キャラクターボイスの変更
キャラクターボイスは英語になった(字幕を日本語・英語で選択可能)。
一部名称の変更
パーティメンバー全員、シーモア、召喚獣の名称が英語表記になり、祈り子の間がフェイスの間に、エボン=ジュがユ=エボンに名称変更されている。
新スフィア版の追加
新スフィア版ではオリジナル版にはなかったアビリティも習得できる。オリジナル版のスフィア版も使用可能で、すべてのキャラは中央からのスタートとなり、カスタマイズ性が高くなった。ゲームスタート時に2つのスフィア版から1つを選択するようになっている。
召喚獣バトル追加
ストーリー中盤以降特定のフィールドに出現する"ヘレティック召喚獣"と呼ばれる種類のモンスターとのバトルが追加された。ヘレティック召喚獣達のパラメータは訓練場オリジナルモンスターよりもさらに上を行く数値となっている。
寺院内で宝箱の取り逃しがあった場合は、"ヘレティック召喚獣"を倒さない限り、アイテムの入手が不可能となった(この時点で事実上召喚獣アニマの入手も不可能)。そうした事態が起きた場合の救済措置として、全てのヘレティック召喚獣は「斬魔刀」で倒すことができるようになっている。しかし、「斬魔刀」を発動するには難易度が高く、初心者には敷居が高いのが実情である。


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R